四柱推命の宿命中殺 | 生日中殺の特徴を知り開運していく方法

四柱推命の日日中殺の特徴と開運行動を知る

★サイトメンテナンス中につき表示が乱れております。★

質問者A

私の命式には「生日中殺」があります。ちょっと不安なんですが・・・。

怖がらなくて大丈夫です。

生日中殺 (せいじつちゅうさつ) とは、4種類ある宿命中殺の1つです。

宿命中殺の種類
  • 生日中殺
  • 生月中殺
  • 生年中殺
  • 日座中殺

中殺と聞くと、少し怖く感じるかも知れませんが、心配しなくて大丈夫です。漠然とした不安は一旦おいて、これらの中殺は、特定のテーマを持っていると捉えてください。

しかも宿命中殺の人は、中殺を持っていない人よりも開運していく可能性も持っています。

この記事では、宿命中殺の1つである、生日中殺について詳しく紹介しています。

この記事を読むと分かること
  • 生日中殺の人のテーマと役目
  • 生日中殺の人に起こりやすい出来事
  • 生日中殺の人の開運方法

宿命中殺を持っているかどうかの確認は、下の記事からご覧ください。

目次

生日中殺の人のテーマと役目

生日中殺のテーマは、親や世間一般の価値観に関したものです。このテーマでの役割は、凝り固まった価値観を変えていくことです。

生日中殺の役割
  • 新しい視点を見せること
  • 常識を覆すこと
  • 新しい方法や価値観を作ること
発展して光る地球

生日中殺を持った人は、長く続いてきた古い習慣・風習・常識などに風穴を開けていく人です。

これまでになかった新しい方法や価値観を作り、社会を発展させていくことを役目としています。

生日中殺の人に起こりやすい出来事

生日中殺の人に起こりやすい出来事は、世間一般の常識とかけ離れた生き方になることです。また、両親に理解されにくかったり、扱いにくい子だと思われることもあります。

生日中殺を持った人が、親や目上の人から抱かれる印象は下の通りです。

生日中殺の人の親に与える印象
  • 言うことを聞かない
  • 普通の子育て通りいかない
  • 変わっている
  • やり方がおかしい

常識外の子供や後輩などに遭遇したら、親や上司 (目上の人) はどんな反応をするでしょうか?

初めはビックリしたり、その後は「この子 (その人) をどう理解したらいいのか?」と考えざるを得なくなるのではないでしょうか。

そうすると、その人たちは色々考えることで気付きます。「もしかしたら自分たちが違うのかも知れない」と。
 
生日中殺を持った人は、この「気づき」のきっかけを作ることがテーマです。

色々試案する人

このような気づきが必要な理由は、社会の継続には、変化を受け入れて進化していく必要があるからです。

家系・学校・会社など、長く続いた集団などは、どうしても古い価値観にかたよりがちです。
 
古い価値観のまま変化しない集団は、いずれは廃れていってしまいます。
 
そうならないために、生日中殺の人のような「ちょっとかわった人」に、風穴を開けてもらう必要があるからです。

廃墟

生日中殺の人の開運方法とその理由

生日中殺の人の開運方法は、自分の先進性に気づくことです。そして、その視点を大事にすることも大切です。

具体的な開運行動を紹介します。

生日中殺の人の開運行動
  • 意志を貫く強さを身につけること
  • 自己否定しないこと

生日中殺を持った人は、子供の頃から「変わっているね」などと言われ、周囲から理解されない経験をします。そのため、自分に自信がない人も多いはずです。

でも本当は、誰よりも社会の先頭で人生を切り開くことが出来るタイプです。

でも、そうなるには、上の行動を積み重ね、切り開く力を身に付けることが必要です。

また、この開運行動には目的があります。

開運行動の目的
  • 常識にうもれない人間になるため。
  • 旋風を巻きおこす人になるため。

こうやって、新しい価値観を周囲に見せられたらミッション完了です。

子供の頃、宿題をやり終わると、そのあとはスッキリ気分で過ごせましたよね?

それと同じで、中殺を持っている人が自分のテーマを完了すると重荷がとれ、より運氣が上がっていくと言われています。

この開運パターンは、中殺を持っている人特有のものです。そのため、中殺を持っている人が開運すると効果が大きいと言われています。

以上、生日中殺を持った人の特徴と、開運方法をご紹介しました。

この記事でお伝えしたこと
  • 生日中殺の人のテーマと役目
  • 生日中殺の人に起こりやすい出来事
  • 生日中殺の人の開運方法

お読み頂き、ありがとうございました。次回記事にてお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次