四柱推命の宿命中殺 | 生月中殺の特徴を知り開運していく方法

四柱推命 生月中殺の特徴と開運行動

私の命式には「生月中殺」があると分かりました。なんかちょっと不安なんですが・・・。

怖がらなくて大丈夫です。
中殺は「特定のテーマを持っている意味だ」と、とらえてください。

生月中殺(せいげつちゅうさつ)とは、4種類ある宿命中殺の1つです。

宿命中殺の種類
  1. 生日中殺 (せいじつちゅうさつ)
  2. 生月中殺 (せいげつちゅうさつ)
  3. 生年中殺 (せいねんちゅうさつ)
  4. 日座中殺 (にちざちゅうさつ)

中殺と聞くと、少し怖く感じるかも知れませんが、心配しなくて大丈夫です。

中殺は、特定のテーマや役割を持っているという意味なので。

しかも、宿命中殺の人は、中殺を持っていない人よりも「開運していく可能性」も持っています。

中殺の意味や開運方法を知ると、あなたの心配もきっとなくなりますよ。

この記事では、宿命中殺の1つである、生月中殺について詳しく紹介しています。

この記事を読むと分かること

  1. 生月中殺の人のテーマと役目
  2. 生月中殺の人に起こりやすい出来事
  3. 生月中殺の人の開運方法
スポンサーリンク

生月中殺の人のテーマや役目

生月中殺の人のテーマや役目はこちらです↓

生月中殺の人のテーマや役目

 

苦難にあっても自分の人生の道を切り開いていく姿を見せ、悩んだり落ち込んでいる人たちを勇気づけること

 

クライミング

生月中殺の人は、他の中殺のように、テーマが表れる具体的な場所が決まっていません。

他の中殺のテーマが表れる場所はこちらです↓

他の中殺のテーマが表れる場所 

生日中殺・・・両親や目上の人との関係
生年中殺・・・両親との関係性
日座中殺・・・結婚面

 

生月中殺に関しては、仕事・恋愛・結婚・人間関係・健康など、人生全般のどの部分に出るか決まっていません。

テーマが出る場所は、人それぞれです。

共通しているのは、たとえ苦難に合ったとしても、それをバネにさらに強くなるというテーマです。

そして、「乗り越える姿を見せて周囲を勇気づける」という役目です。

生月中殺の人に起こりやすい出来事

生月中殺の人に起こりやす出来事はこちらです↓

生月中殺の人に起こりやすい出来事

 

人生のどこかのポイントで、一生分かと思うような大きな沈みを経験する

 

なぜ、このような経験をするのでしょうか?

その理由は、持っている役目を果たすには、きっかけとなる出来事が必要だからです。

しかし、心配し過ぎないでください。

一度経験して乗り越えたら、何度も起こったりはしません。

また、この大きな沈みが起こるのは、理由があります。

大きな沈みの理由

なぜなのか? 

人は誰でも人生の中で小さな浮き沈みがあります。また、わりと同じような小さな悩みを繰り返したりするものです。
 
しかし、生月中殺の人は小さな悩みの浮き沈みではなくて、一生分の沈みがドンっ!とやってきます。
 
その沈みで底辺を経験し「もう後は、上に上がっていくしかない!」と、上昇していく人生の歩み方を生月中殺の人は選んでいるからです。

 

雲の上のはしご

なぜ、このような役目の人が必要なのでしょうか?

生月中殺の役目の理由

なぜなのか? 

多くの人は、ちょっと痛い目にあっただけで、色々なことを諦めて止めてしまいます。でも、そんな人ばかりでは、みんな止めてしまって誰も挑戦しなくなります。
 
それでは社会全体が困るので、小さなことでクヨクヨして前に進めない多くの人たちは、生月中殺の人が、普通の人の何倍もの痛い目を経験しても、「上に上がるしかない!」と諦めず乗り越える姿を見ることで、何かを学ぶ必要があるからです。
 
また、このように、みんなを引っ張ってくれる生月中殺の人が必要だからです。

 

リーダー

生月中殺の人の開運方法とその理由

生月中殺の人がすると良い開運行動はこちらです↓

生月中殺の人がやると良いこと

 

① 自分で底辺を「ここまで」と決めること
 
②自分の経験をネガティブに捉えず、得たものをちゃんと見ること

 

生月中殺の人は、人生の中で大きな沈みに遭遇した際、一生分の落ち込みを経験している最中なのでとても大変です。

でもここで、開運していくには「どこまでも落ち続けないこと」と、②の「得たものをちゃんと見る」が大切です。

なぜ、このよ2点が大切なのでしょうか?

①と②が大切な理由

なぜなのか? 

① 自分で底辺を決めないと、落ちようと思えばどこまでも落ちることが出来てしまうから。
 
また、「もうここまで!」と自分で底辺を決めることで、そこが土台や糧となり、上に上がっていけるようになるから。
 
② 経験したからこそ得られたものに目を向けないと、経験から学ぶことも出来ない上に、経験した意味もなくなってしまうから。

 

なぜこれが、開運行動になるんですか?

なぜなら、この開運行動をしていく中で、生月中殺のミッション(役目)が完了するからです。

この開運行動をしていると、たとえどんな辛いことがあったとしても、それを糧にはい上がります。

「なにがあっても大丈夫」「少々の事でくよくよしなくて大丈夫」

それを示すことができたらミッション完了です。

さて、子供の頃、宿題をやり終わると、そのあとは「すっきり気分」で過ごせましたよね?

それと同じで、中殺を持っている人が自分のミッション(役目)を完了すると重荷がとれ、より運氣が上がっていくと言われています。

このミッション完了で開運!
*中殺がない人には、このタイプの開運チャンスはありません。
そのため、中殺を持っている人は、ない人より開運していく可能性があるということです。

生月中殺の人は、過去の大きな落ち込みの経験を生かしてこその人です。

その経験は、これから自分が伸びていく上での重要な要素であり武器でもあります。

また、その経験は、おのずと周囲の人を引き上げることにも繋がります。

自分の経験を否定せず「人生の中でどう生かしていこうか?」という視点を持ち、誰かに役立ちそうと思うなら、周囲に語っていってみてください。

まとめ
  • 生月中殺のテーマと役目
  • 生月中殺の人に起こりやすい出来事
  • 生月中殺の人の開運方法

以上、3点をお伝えしました。

お読み頂き、ありがとうございました。
次回記事にてお会いしましょう。


生日中殺・生年中殺・日座中殺について興味のある方は、下の記事をご覧になってみてください。

四柱推命 記事一覧
四柱推命の律音 | 猛烈な力の律音があるか確認する方法を詳しく解説
十二運星で知る| 有意識と無意識の星で変わるモチベーションの上げ方
四柱推命の十干「壬(みずのえ)・癸(みずのと)の本質」をご紹介
四柱推命の十干「庚(かのえ)・辛(かのと)の本質」をご紹介
お知らせ

*現在お知らせはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました