【四柱推命】十二運星に絶を持っている人に知って欲しいこと

十二運星に絶を持っている人に知って欲しいこと
記事の内容

こちらの記事では、十二運星に絶を持っている人に知って欲しい事を書いています。

スポンサーリンク

十二運星の絶(ぜつ)について

絶という星は、四柱推命の命式で表される十二運星という種類の星の一つです。また、この絶(ぜつ)という星は、「あの世の魂の星」とも言われています。

雲の上

絶を持っている人の気質

十二運星に絶の星を持っている人は、感受性豊で小さなことにもとても敏感です。

しかし、色々なことを人よりも強く感じるので、感情の波が激しくなったり、様々な出来事に翻弄されやすく、精神的に少し疲れやすいタイプとも言えます。

また、孤独を感じやすい寂しがり屋ではありますが、案外一人でいることが好きだったりもします。

1人ヨガ

絶を持っている人が求めるもの

絶を持っている人が求めるもの、それは「この世で色々な体験をして、どんなことも全てを味わい尽くしたい」というものです。

では、なぜそう求めるのか?について説明していきます。

冒頭にも触れましたが、絶という星は「あの世の魂の星」と言われています。

いったいあの世とは、どんな所なのでしょうか?私はあの世に行った経験の記憶がないので何とも言えないのですが、ここで言う「あの世」とは、「無」の世界観を表していると思ってもらえたらと思います。

では、「無の世界」とはどんな所なのでしょうか?

私はおそらく、下記のようなところだと思います。

無の世界とは?

・永遠で、不幸も幸せもない世界。
・辛いも楽しいもない世界。
・空腹も満腹も美味しいもない世界。
・誰かと話したり交わることのない世界。
・感覚(触覚)も感情もない世界。

もしあなたが、こんな「無の世界」にいたならば、この世に生まれたら「色々な体験をして、どんなことも全て味わい尽くしたい」と望むと思いませんか?

絶を持っている人の傾向

この世をリアルに生きてたら、怖いことや不安や心配など、気がかりが沢山ありますよね?感受性豊かな絶を持っている人は、こういったことを人よりも強く感じます。

その為に、安定を求めやすくなる傾向もあります。でもやっぱり魂的(無意識下では)には、なんにもない安定は望んでいないので、頭の思考で安定ばかりを求めると、逆に不安定を引き寄てしまうとも言われています。

暗雲立ち込める

じゃぁ、どうすればいいの?という所ですが、安定を求めて安心安全に生きることにエネルギーを注ぐよりも、「やりたい!」「楽しそう!」と感じることにエネルギーを注いでみましょう。

チャレンジ

何かに挑戦すると、成功することもあれば失敗して悲しかったり落ち込んだりもしますよね?そういった浮き沈みも絶を持っている人は特に体験したいと望んでいるわけですから。(無意識下ですから頭の中では浮き沈みを望んではいません。ややこしいところです。)

絶を持っている人に必要なもの

絶を持っている人に必要なのは、安心してリラックスする習慣と環境です。

爽やかな木と青い空

いくら魂的に「色々な体験をして、どんなことも全て味わい尽くしたい」と望んでいたとしても、良いことであれ悪いことであれ刺激的なことが続くと疲れますよね。

だって、なんでもない平凡な毎日ですら、些細なことまでいっぱいいっぱい感じているわけですから。

また逆に、安心してリラックスしているからこそ、些細な素敵な出来事も感じることができます。

例えば、窓の外から聞こえる小鳥のさえずりから平穏な空気感を感じたり、風になびいている木々を見ると、まるで風と木が遊んでいるように感じて自分も楽しい気分になったりなど。

風に揺れる木の葉

緊張していたら、こういったことをなんにも感じられません。絶をもっている人の感受性は、リラックスしてこそ良い方向に発揮され生きてることが楽しめます。

このリラックスするという基盤がなければ、なにをやってもただ怖いだけになってしまいます。なので自分なりのリラックスする方法を見つけることも大切です。

リラックスするお勧めの方法

ここからは、リラックスするお勧めの方法を紹介します。

お勧めリラックス方法
  1. 深呼吸
  2. 瞑想
  3. ヒーリング音楽を聴く
  4. アロマ・お香を焚く
  5. ホワイトセージを焚く
  6. キャンドルを灯す

これらの中でもすぐに取り入れられるのは、深呼吸と瞑想です。道具やアイテムを買う必要もないですよね(笑)。

普段の生活の中で、焦ったりした時などは、やっていることを一旦停止して呼吸に意識を向けたり、可能なら目を閉じてゆっくり深呼吸するなどしてみてください。

本当に焦らなければならないほどの一大事って、よく考えてみるとそうそうないですよね?(笑)

また、寝る前には、高ぶった神経を緩めてぐっする眠れるように瞑想したり、キャンドルを灯してリラックスできる音楽を聴くのもお勧めです。

夜にキャンドルを灯す
最後に

あなたの心がホッとしてリラックスする瞬間はどんな時でしょうか?

それを見つけて、あなたの豊かな感受性を満たしてあげましょう♪


お読み頂き、ありがとうございました。下記にお勧めリラックスアイテムを紹介しています。よろしければご覧ください。

では、次回記事にてお会いしましょう。

お勧めアイテムはこちら↓
お知らせ

*現在お知らせはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました