四柱推命の十干「庚(かのえ)・辛(かのと)の本質」をご紹介

四柱推命 十干の庚と辛の本質
記事の内容

こちらの記事では、四柱推命の十干(じっかん)である、庚(かのえ)・辛(かのと)が表す本質について紹介しています。

四柱推命の命式から、自分の十干を知ることで「自分の本質や在り方のヒント」が得られます。

なぜ本質を知ると良いのか?と言うと・・・

本質は、生きていくベースとなる部分だからです。


このベースを知ることは・・・

自分が自分らしくあること

自分のペースに合った生き方をしていくこと。

この手助けをしてくれます。

私は人生で何をするにしても、この2点があってこそだと思っています。


こちらで紹介する十干の本質を知ることで、本当の自分らしさとはなんだろうか?と、自分に問いかけるきっかけとなればと思っています。


十干って何?という方は、下の記事をご覧になってみてください。

命式を調べるには下のボタンをクリック!
*風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店 Magic Wandsさんのサイトです。

十干は、下の命式の赤い枠で囲っているところです。

こちらの記事では、ここが「庚」と「辛」の人の本質を紹介いたします。

四柱推命 日干の場所
Magic Wandsさん サイトの命式
スポンサーリンク

庚(かのえ)の本質

鉄に抱くイメージが庚の本質です。

庚(かのえ) 鉄

どんなイメージやキーワードがあるのか見てみましょう。

鉄のイメージとキーワード 

堅い・強い・重い・冷たい
 
ビルや飛行機の骨格
 
熱を加えると形が自由自在に変化

 

十干が庚の人の本質は、上にあげたイメージとキーワードがおおもととなっています。

鉄は多くの用途に使われており、なくてはならない素材です。堅牢な上に熱すると形も自由自在、多種多様の物の骨格となっています。

この鉄のお陰でビルが建ち、車・新幹線・飛行機なども作れていますよね。

庚の人はその鉄のように、多くの人の役に立ったり支える何かを生み出す力のある人です。

例えば、鉄のように真のある考えや思想は、多くの人の支えとなったりなど・・・。

また、意志の強いしっかり者なので、人に頼られやすい面もありますが、一個人の支えだけでなく、不特定多数の多くの人に役に立ちたい考えるタイプです。

このように力強い庚の人も、欠点や弱点は当然あります。

庚の人の欠点や弱点 

言葉がキツイ
 
興味がない人には極端に冷たい

 

思っていることをオブラートに包まずスパッと言うので、受け取り手によっては、それをキツく感じたり傷つくこともあります。

また、合理的で無駄が嫌いなので、自分にとって重要でないと判断した物や人に対しては、興味すら示さないクールさがあります。

これを欠点と決めつける訳ではありませんが、近寄りがたい冷たい人と受け取る人もいるでしょう。


庚の人が気を付けると良いことは・・・

庚の人が気を付けること 

自分の力の使い方

 

庚の人は、自分の力を自覚することが大切です。

なぜなら鉄は人を守り豊かにしますが、逆に刀や武器となり、たやすく人や国家すら攻撃する力もありますよね?

その鉄のように、庚の人は自分の本意でなくとも誰かを傷つける力も強いのです。


自分の力をどう生かして何をするのか?

それを気に留めて、自分の力を発揮して欲しいなと思います。

庚の人に必要なことは・・・

庚の人に必要なこと 

スピード
 
エネルギー源

 

鉄は熱して溶かし形を作らなければ、ただの重い塊です。

それは庚の人も同じで、何かを生み出すには熱というエネルギー源が必要です。

そのエネルギー源は、メラメラ燃えたぎる情熱だったり「なにくそっ!負けるものか!」という悔しさだったりします。

また、その熱が冷めないうちに、スピーディーに動くことも大切です。

なぜなら鉄は冷えると塊に戻ります。それを再び溶かし何かを作り出すには、かなりのエネルギーと時間が必要にるからです。

辛(かのと)の本質

宝石に抱くイメージが辛の本質です。

辛(かのと) 宝石

どんなイメージやキーワードがあるのか見てみましょう。

辛のイメージとキーワード 

輝き・気品・高価・繊細なカット
 
大切にされる・人を喜ばす
 
個性豊かで種類が豊富

 

十干が辛の人の本質は、上にあげたイメージとキーワードがおおもととなっています。

宝石は貴重なもので、人を虜にしたり大切にされる存在ですよね。

なぜなら美しい宝石は、人を輝かせて喜びや高揚感を与えてくれますから♥

そんな宝石のように素敵な辛の人ですが、やはり弱点や欠点もあるんです。

辛の人の欠点や弱点 

繊細で傷つきやすい
 
プライドが高く見栄っ張り

 

宝石に繊細な美しさがあるように、辛の人もまた感受性が繊細で傷つきやすい面があります。

また、プライドが高く「人にどう見られているのか?」と世間体などを気にして見栄を張ることもあります。

辛の人が気を付けると良いことは・・・

辛の人が気を付けること 

ストイックになり過ぎないこと

 

宝石は美しい輝きを放つため、技術を駆使して磨き上げますよね。

でも、必要以上に磨き過ぎると、余分に削られて小さくなってしまいます。

これと同じように、辛の人は一歩間違えてしまうと、ストイックになり過ぎて疲弊してしまうことがあります。

なぜなら、プライドが高いので、その分「もっともっと自分を磨こう」としてまうからです。

プライドに負けて、逆に小さくならないように気を付けましょう。


また、自分が気づいてないだけで、実はもう既に十分に磨かれて輝いている可能性だってあるんです。

なぜなら辛の人がこれまで経験したことは、原石を磨く過程だったからです。

原石の石ころだったあなたは、過去の経験で磨かれて今まさに美しく輝いてく時かも知れません。

さて、こんな辛の人に必要なのは・・・

辛の人に必要なこと 

自分を大切に扱うこと
 
自分をメンテナンスすること

 

辛の人は本当に繊細です。自分の繊細さを自覚して自分を雑に扱わないことが大切です。

宝石を雑に扱うと、カット面が傷いて美しい輝きが曇ります。それと同じことを、自分にしないよう気を付けましょう。

また、宝石を優しく手入れをするように、丁寧に自分をメンテナンスしてあげましょう。そして宝石を見るように、自分をしっかり見つめて自分の輝きを見つけてあげましょう。

いかがでしたでしょうか?

十干から「自分の魅力や在り方のヒント」が見つかったなら嬉しいです。

お読み頂き、ありがとうございました。
では、次回記事にてお会いしましょう。

 
四柱推命 〈十干 〉
 
四柱推命の十干「壬(みずのえ)・癸(みずのと)の本質」をご紹介
四柱推命の十干「庚(かのえ)・辛(かのと)の本質」をご紹介
四柱推命の十干である「戊(つちのえ)・己(つちのと)の本質」をご紹介
四柱推命の十干である「丙(ひのえ)・丁(ひのと)の本質」をご紹介
お知らせ

*現在お知らせはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました