四柱推命の「時柱の出し方」と気を付けること

四柱推命の命式を、無料サイトで調べたんですが、三柱しか出てきません。
時柱も含めた四柱の命式を自分で出せますか?

もちろんできます。
四柱が表示されるサイトで調べるか、自分で時柱をだす方法もあります。

無料サイトの命式は、時柱を含まない三柱の場合が多です。

でも、諦めないでください。

時柱を出してくれるサイトもありますし、時柱は自分で出すこともできます。

この記事では、命式の時柱の出し方を紹介していきます。

この記事を読むと分かること

  1. 時柱を出すときの注意点
  2. 時柱を出してくれるサイト
  3. 時柱を自分で出す方法

時柱の出し方に入る前に、命式の基礎知識を紹介しておきます。

四柱推命の命式の構造は、下の図のようになっています。

四柱推命 四柱の説明画像

図には、ピンクの枠が4つありますが、この枠は「時柱・日柱・月柱・年柱」の柱(はしら)です。

のこのように、4つの柱を出して推命することから、四柱推命と呼ばれてます。

しかし最近は、時柱を含まない三柱のみで鑑定する場合も多いです。

でも本来は、四柱で鑑定するものなんですよね。

スポンサーリンク

四柱推命の時柱の出し方

四柱推命の時柱の出し方は、下の2通りがあります。

四柱推命の時柱の出し方
  1. 無料サイトで時柱を出す
  2. 萬年歴を使って時柱を出す

どちらの方法でも、時柱を出すには「生まれ時間」が必要です。

しかし、単純に母子手帳の出生時刻ではダメな場合があります。

まずは「正しい生まれ時間の出し方」を紹介していきます。

正しい生まれ時間の出し方

母子手帳

正しい生まれ時間の出し方は、以下の点を確認して調整します。

  1. サマータイム期間に生まれてないか確認する
  2. 出生地が明石市以外かどうか確認する


もし、サマータイム期間に生まれていたり、出生地が明石市以外なら、生まれ時間の調整が必要です。

では、なぜサマータイム期間の確認が必要か説明してきます。

サマータイム期間とは?

プールでリラックスする女性

サマータイム期間とは、昭和20年代に実施された「時間が調整された期間」です。

なんと!このサマータイム期間には、時間を1時間進めていたんです。

例えば、本当の時間は午前10時なのに、午前11時であると扱っていたようです。

そのせいで、この期間に生まれた人は、出生時間が午前11時と記録されていても、本当は「午前10時の生まれ」なのです。

このため、生まれ時間から1時間マイナスする必要があります。

サマータイムが実施された期間

サマータイムが実施された期間は、以下のとおりです。

  • 昭和23年5月2日午前1時~9月12日午前1時
  • 昭和24年4月3日午前1時~9月11日午前1時
  • 昭和25年5月7日午前1時~9月10日午前1時
  • 昭和26年5月6日午前1時~9月9日午前1時

上記期間に生まれた人は、生まれ時間から1時間マイナスすることを忘れなでください。

時間をいじるなんて、「めんどくさいことしてくれたもんだな・・・」と思ってしまいます(笑)

ちなみにウィキペディアにも、サマータイム適用期間がこのように↓掲載されていました。

ウィキペディア(Wikipedia)

夏時間適用期間
1947年(昭和22年)まで – 存在せず
1948年(昭和23年) – 五月の第一土曜日の翌日(日曜)から九月の第二土曜日まで (附則第二項)
1949年(昭和24年) – 四月の第一土曜日の翌日(日曜)から九月の第二土曜日まで (本則)
1950年(昭和25年) – 五月の第一土曜日の翌日(日曜)から九月の第二土曜日まで (改正法)
1951年(昭和26年) – 五月の第一土曜日の翌日(日曜)から九月の第二土曜日まで (改正法)
1952年(昭和27年)以降 – 廃止

続いては、時差の調整についてです。

明石市との時差の調整とは?

アンティーク時計

明石市との時差の調整とは、日本は全国統一の標準時を使用しているので、本当の生まれ時間に調整するということです。

つまり、明石市以外で生まれた方は、明石市と出生地との時差の調整をするわけです。

時差の計算方法は、出生地の経度を調べ、明石市の東経135度と何度の差があるか計算します。

1度は4分なので、仮に4度差があれば、それに4を掛けて計算するのですが・・・。

正直言ってめんどくさいですよね・・・。

でも、下の表を使えば、おおむね正しい時差を出すことが出来ます。

上の表から、自分が生まれた地域に一番近い欄を探し、生まれた時間の調整をしてください。

ちなみに私は、21時44分に生まれています。

出生地は今治市なので、44分から8分引き、21時36分生まれとなります。

これで正しい生まれ時間が分かったので、時柱を調べることが出きます。

無料サイトで時柱を出す方法

ひらめく女性

無料サイトを使った時柱の出し方はとても簡単です。

しかし無料サイトの中には、時柱を出さず三柱のみのサイトもあります。

ここでは私がおすすめする、時柱も出してくれるサイトをご紹介しています。

下のボタンのリンク先で、「生年月日と正しい生まれ時間を入力」すると命式が出てきますよ。

*リンク先は、風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店 Magic Wandsさんのサイトです。

また、時間を入力する際は、分は切り捨てて入力してください。

例えば、9時~9時59分生まれの人は9時と入力してください。

10時~10時59分の人は10時と入力してください。

せっかく時差まで計算したのに、「どうして分を切り捨てるの?」と疑問に思うかもしれませんね。

分を切り捨てるのに、時間の調整をした理由は、9時59分生まれなのか10時生まれなのか?をはっきりさせるためです。

なぜなら、この1分の違いで、時柱の命式が変わってしまうからです。

生まれ時間が分かれば簡単ですね。
もう手作業で時柱を出さなくてもいっかなぁ~♪なんて思ってしまいます(笑)

続いては、萬年歴で時柱を出す方法を紹介します。

萬年歴で時柱を出す方法

萬年歴

萬年歴で時柱を出す方法は、日干と生まれ時間を組み合わせて出します。

日干とは、日柱の干支の天干のことです。

また、日干は十干(じっかん)とも言われる場合もあります。

日干hは、下のサンプル命式の「赤の枠で囲っているところ」です。

四柱推命 日干の場所
Magic Wandsさん サイトの命式

この日干と、生まれ時間の組み合わせで時柱を出すことが出来ます。

では、時柱を出す手順を紹介していきます。

1.日干を確認する

まず最初に、日柱の干支から日干を確認します。

上のサンプル命式では、赤の枠で囲っている「庚」でしたね。

2.時干支表で時柱の干支を確認する

次に「時干支表」という表を使用します。

萬年歴の12ページ目あたりに掲載されています。

ここでは分かりやすいように、下の図の時干支表を使います。

時干支表 乙庚 10時

日干が「庚」なので、上の時干支表の「乙・庚」の欄を見ます。

場所は、ピンク枠の縦ラインです。

次に、出生時間の列を見ます。表のオレンジ色の部分です。

生まれ時間が10時だとすると「9時~10時59分」の行を確認します。

場所は、ピンク枠の横ラインです。

そうすると上の図のように、ピンクの枠がクロスして重なったところが時柱の干支となります。

「辛巳」となっていますね。

これで、萬年歴で時柱の干支を出すことができました。

おつかれさまでした!

補足

萬年歴を使って時柱を出したと考える方は、おそらく命式そのものを自分で出したい方だと思います。

下記の記事には、時柱を含めた「命式の干支を出す方法」を詳しく解説していますので、そちらもご覧になってみてください。

この記事のまとめ
  • 時柱を出すときの注意点
  • 生まれ時間の正しい出し方
  • 時柱を出してくれるサイト
  • 時柱を自分で出す方法

以上。4点をお伝えしました。

お読み頂き、ありがとうございました。
次回記事にてお会いしましょう。

四柱推命を学びたい人へのお勧め記事はこちらです。

四柱推命 命式の出し方
四柱推命の天中殺(空亡) | 図解で分かる天中殺期間の調べ方
四柱推命の「パラメーターの出し方」を詳しく解説
四柱推命の「十二運星の出し方」を詳しく解説
四柱推命 | 命式を出す基礎の基礎!干支の出し方を詳しく解説
お知らせ

*現在お知らせはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました