四柱推命 | 命式を出す基礎の基礎!干支の出し方を詳しく解説

四柱推命 日中・月柱・年柱の干支を出す方法

四柱推命の命式を自分で出すことは出来ますか?

出せますよ♪

四柱推命の命式を出すには、まず最初に「8つの漢字の干支」を出す必要があります。

干支(かんし)とは、下のサンプル命式の「黄色の枠で囲ったところ」です。

干支の場所の説明

干支の出し方は、2つの方法があります。

  1. 無料サイトを使って出す
  2. 萬年歴を使って出す

この記事では、萬年歴で干支をだす方法を重点的に解説しています。

この記事を読むと分かること

  1. 萬年歴を使った干支の出し方
  2. 干支を出すときの注意点

干支の出し方に入る前に、四柱推命の命式の「基本的な構造」を簡単に紹介しておきます。

四柱推命の命式は、下の図のように、時柱(じちゅう)・日柱(にっちゅう)・月柱(げっちゅう)・年柱(ねんちゅう)の「4つの柱」に分かれています。

このように、4つの柱を出して推命することから、四柱推命と呼ばれています。

ですが近ごろは、「日柱・月柱・年柱」の3柱で鑑定する人も多くなってきています。

私は「せっかく占うなら時柱も知りたい」と思う人なので、時柱も含む4柱をおすすめしています。

動機が軽いですね・・・(笑)

でも本当は、もっとまじめな理由があります(*’▽’)

スポンサーリンク

四柱推命の命式の干支の出し方

四柱推命の命式の干支の出し方は、上で紹介したように、2つの方法があります。

どちらの方法でも、時柱の干支を出すときは、生まれ時間も必要です。

生まれ時間は、母子手帳などに記載されていますが、厳密な命式を調べるには「時間に調整を加える必要」があります。

生まれ時間の調整方法は、下の記事に詳しく書いていますので、そちらをご覧ください。

さて、正確な生まれ時間が分かったら、命式の干支を調べることができます。

無料サイトで命式の干支を調べる方法

無料サイトで調べると、干支だけではなく通偏星や十二運星なども同時に分かります。

私のおすすめサイトでは、かなり詳しい情報が得られます。

簡単に命式を調べたい人は、下記ボタンのリンク先へどうぞ。

*リンク先は、風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店 Magic Wandsさんのサイトです。

命式の基本的な見方は、下の記事で紹介しています。

さて、次は萬年歴で調べる方法です。

萬年歴で命式の干支を調べる方法

萬年歴で命式の干支を調べるには、ひとつひとつ地味な作業をこなしていく必要があります。

一緒に一歩ずつ進んでいきましょう!

さて、さっそく「2021年2月1日 午前10時生まれの人」の命式を調べていきます。

調べる生年月日と生まれ時間

【生年月日】2021年2月1日
【生まれ時間】AM10時

1.萬年歴で日柱の干支を調べる

萬年歴で日柱の干支を調べるには、まず 2021年 のページを見ます。

萬年歴 2021年干支確認ページ
萬年歴 2021年2月~7月のページ

字が小さくて見にくいので、拡大します↓

萬年歴 2021年2月1日の干支

上の写真の一番右側に「1・2・3・4・5」と数字がふられていますが、その数字が日付です。

1の数字の左隣の「オレンジ枠」が、日柱の干支です。

庚辰(かのえたつ)となっていますね。

さて、ここで注意点があります!

生まれ時間が23時~23時59分の場合、干支が翌日のものになります!

その理由は、以下のとおりです。

どうしてなのか?

四柱推命は旧暦を使って命式を出す、1200年代ごろからある占いです。
 
そのため、旧暦にならって、23時~は翌日の扱いとします。

しかし、23時~23時59分生まれの人を、翌日扱いするか否かは、流派によって解釈が異なるようです。

私は、上記の理由から「23時~ 翌日にする方が自然」だと考えています。

ということで、2月1日生まれでも23時以降に生まれた人は、下の画像の通り、2月2日の干支「辛巳(かのとみ)」となります。

萬年歴 2021年2月干支確認ページ 拡大

いま調べている命式は、10時生まれなので、日柱の干支は庚辰(かのえたつ)です。

ここで補足

干支(かんし)とは、天干(てんかん)と地支(ちし)を合わせたものを意味しています。干支「庚辰」は、天干が「庚」で、地支が「辰」となります。

さて、調べた日柱の干支を表に記入しておきます。↓

 時 柱日 柱月 柱年 柱
天 干   
地 支   


日柱の干支が分かったところで、次は時柱の干支を調べます。

2.萬年歴で時柱の干支を調べる

萬年歴で時柱の干支を調べるには、まず先ほど出した日柱の天干を確認します。

日柱の天干は、日干(にっかん)とも言われます。

下の表のオレンジ色のところです。

 時 柱日 柱月 柱年 柱
天 干   
地 支   

下の写真の萬年歴で確認すると、オレンジの枠で囲っているところです。庚(かのえ)となってますね。

萬年歴 2021年2月1日の干支

次に「時干支表」という表を使用します。萬年歴の12ページ目あたりに掲載されています。

ここでは分かりやすいように、下の図の時干支表を使います。

時干支表 乙庚 10時

日干が「庚」なので、上の時干支表の「乙・庚」の欄を見ます。

ピンク枠の縦ラインです。

次に、時干支表の「生まれ時間の列」を確認します。

生まれ時間は10時なので「9時~10時59分」の欄になります。ピンク枠の横ラインです。

そうすると上の図のように、クロスして重なった所が時柱の干支となります。

辛巳(かのとみ)となっていますね。

時柱の干支を表に記入しておきます。↓

 時 柱日 柱月 柱年 柱
天 干  
地 支  


ここまでで、時柱と日柱の干支を出すことができました。

次は月柱の干支を出します。

3.萬年歴で月柱の干支を調べる

萬年歴で月柱の干支を調べるには、萬年歴の「月の欄」を見ると確認できます。

例えば、下にある萬年歴の「2月」と表示されている下に「庚寅」と記載されていますね。

それが、月の干支です。

しかし、ここでも注意点があります!

四柱推命は旧暦で命式を出すので、2月1日であっても2月と扱いません。

2月1日は、1月の扱いになります。

2月扱いになるのは、2月の「節入り日以降」となります。

節入り日は萬年歴を見ると分かります。

下の画像のように、黒の横線が入っている日が、その月の節入り日です。

萬年歴の節入り日

すなわち、2月は「2月3日の節入り日」から2月に切り替わります。

いま調べている命式は、2月1日なので「1月の扱い」となります。

なので、1月の干支を確認します。

1月の干支は、前のページをめくり、1月の欄を見ると記載されています。

前ページは、2020年のページとなっています。

1月の干支は、己丑(つちのとうし)となっていますね。

萬年歴 月干支の見るところ

月柱の干支も表に記入しておきます。↓

 時 柱日 柱月 柱年 柱
天 干 
地 支 


さて次は、年柱の干支の調べ方です。

4.萬年歴で年柱の干支を調べる

萬年歴で年柱の干支を調べるには、萬年歴の「年の行」を見ると確認できます。

場所は、萬年歴の右ページの上方に記載されています。

しかし、ここでも注意点があります!

なぜなら、くどいようですが(笑)、命式は旧暦で出すからです。

旧暦では、2月の節入り日で年が明けます。

なので、今の暦で年が明けて2月になっていても、2月の節入り日を超えるまでは、前年の扱いです。

つまり、2021年2月1日は、2021年ではなく2020年の扱いとなります。

ということで、2021年2月1日の年柱の干支は、萬年歴の2020年のページを見ます。

下の画像のオレンジ枠が、2021年2月1日の命式の年柱干支です。

萬年歴 年干支の見るところ

干支は、庚子(かのえね)となっていますね。

年柱の干支も表に記入しておきます。

 時 柱日 柱月 柱年 柱
天 干
地 支

これで、ようやっと、時柱・日柱・月柱・年柱の干支を調べることができました。

お疲れさまでした!

萬年歴で命式を出すさいは、旧暦を使うので少しややこしいですね。
 
でも慣れてしまえば、さくさく作業できるようになると思います。

命式の干支が出せたら、この干支をもとに通変星や十二運星を出すことができます。

十二運星の出し方は、下の記事からご覧いただけます。

この記事のまとめ
  • 萬年歴を使った干支の出し方
  • 干支を出すときの注意点

以上、2点をお伝えしました。

お読み頂き、ありがとうございました。
次回記事にてお会いしましょう。

四柱推命を学びたい人へのお勧め記事はこちらです。

四柱推命 命式の出し方
四柱推命の天中殺(空亡) | 図解で分かる天中殺期間の調べ方
四柱推命の「パラメーターの出し方」を詳しく解説
四柱推命の「十二運星の出し方」を詳しく解説
四柱推命 | 命式を出す基礎の基礎!干支の出し方を詳しく解説
お知らせ

*現在お知らせはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました