十二運星で知る| 有意識と無意識の星で変わるモチベーションの上げ方

四柱推命 十二運星で分かるモチベーションの上げ方

有意識の星と無意識の星で、なにが分かりますか?

有意識の星と無意識の星で分かるのは「なにを大切にしたいか?」や、「モチベーションの上がり方の違い」が分かります。

十二運星は、有意識の星と無意識の星の2つに分かれます。

この違いで、自分にとって 価値のあるもの が変わるので、モチベーションの上げ方も変わります。

この記事を読むと分かること

  1. 有意識の星と無意識の星の分類
  2. 有意識の星が大切にするもの
  3. 無意識の星が大切にするもの
  4. エネルギー数の計算方法
  5. 星別モチベーションの上げ方の違い

十二運星を調べるには下のボタンをクリック!
*風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店 Magic Wandsさんのサイトです。

下の命式の 青く囲っている場所 が十二運星です。

四柱推命 十二運星の場所
Magic Wandsさん サイトの命式

時柱を出すには、生まれ時間を入力すますが 注意点があります。

正確な生まれ時間の出し方は、下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

有意識の星と無意識の星の分類

有意識の星と無意識の星の分類は、下の表から確認できます。

有意識の星無意識の星
長生(ちょうせい)胎(たい)
沐浴(もくよく)養(よう)
冠帯(かんたい)死(し)
建禄(けんろく)墓(ぼ)
帝旺(ていおう)絶(ぜつ)
衰(すい) 
病(びょう) 

上の表のように、十二運星は「有意識の星と無意識の星」に分類できます。

この違いで「重要だと感じるもの・意識が向くもの」が異なります。

意識の向きが変わる理由は、星の性質が真逆だからです。

有意識と無意識の星の性質

  • 有意識の星の性質は「この世の星」
  • 無意識の星の性質は「あの世の星」

有意識の星は「この世を生きている人間の星」です。

無意識の星は「あの世に存在している星」です。

養は「幼児の星」で、この世の人間の星ですが、あの世の星に分類されます。

その理由は、生まれたてで「自分の意志で何かできる状態ではない」ために、無意識の星に分類されます。

有意識の星が大切にするもの

有意識の星が大切にするのは、実際に目に見えるものです。

例えば、目に見える成果や成績、手にする報酬などです。

お金と成果

無意識の星が大切にするもの

無意識の星が大切にするのは、目に見えないものです。

例えば、与えたり与えられる愛情や感謝、名誉などです。

薔薇

あなたの十二運星は、有意識の星と無意識の星のどちらが多いですか?

十二運星の数は、4柱で鑑定すると4つ。3柱で鑑定すると3つです。

4柱で鑑定すると、有意識の星2つと無意識の星2つになる場合があります。

そうすると「自分はどっちなんだろう?」となりますね・・・。

その場合は、十二運星の「エネルギー数」を計算すると、どちらに分類されるか分かります。

十二運星のエネルギー数の計算方法

十二運星は、星ごとのエネルギー数があります。

エネルギー数は、下の表のとおりです。

星の種類エネルギー数
胎(たい)3
養(よう)6
長生(ちょうせい)9
沐浴(もくよく)7
冠帯(かんたい)10
建禄(けんろく)11
帝旺(ていおう)12
衰(すい)8
病(びょう)4
死(し)2
墓(ぼ)5
絶(ぜつ)1

4柱で鑑定した場合、4つの十二運星のエネルギー数を足します。最大は 48で最小は 4になります。

3柱で鑑定した場合、、3つの十二運星のエネルギー数を足します。最大は 36で最小は 3になります。

その数字の範囲で、自分のエネルギー数の大小を判断します。

エネルギー数による違い

  • エネルギー数が小さいと目に見えないものが大事
  • エネルギー数が大きいと目に見えるものが大事

ちなみに私は、4柱で鑑定したエネルギー数は15です。

48~4の範囲で「エネルギー数が15」なので、エネルギー数は小さいですね。

なので、私は「目に見えないものが大切なタイプ」です。

星別モチベーションの上げ方の違い

モチベーションの上げ方は「有意識と無意識の星のどちらが多いか?」や「エネルギー数」によって違います。

有意識の星・エネルギー数【大】の人

 

どんどん結果を出して、お金もがんがん稼ぐことでエネルギーを昇華し、モチベーションもますます上がります。

 

しかし!

「がつがつするのはみっともないから、みんなと足並み合わせておこう」とするとどうなるでしょう?

たくさん持っているエネルギーを持て余し、不完全燃焼でイライラしてしまいます。

無意識の星・エネルギー数【小】の人

 

目に見えない「愛情・感謝・名誉」などを大切にすると、心満たされ「生きている充実感」からモチベーションが上がります。

 

しかし!

成果や報酬を手にするこに囚われて、目に見えない喜びを無視すると、いったいどうなるでしょう?

心がまったく満たされず、砂漠のように枯渇して、ますますエネルギー不足になってしまいます。

あなたは、どっちのタイプでしょう?

生き辛いとあなたが感じているなら、十二運星が示すものと真逆の生き方をしているのかも知れませんね。

ストレス


「何を求め何に喜びを感じるのか?」

十二運星を利用して一度振り返ってみませんか?

まとめ
  • 有意識の星と無意識の星の分類
  • 有意識の星が大切にするもの
  • 無意識の星が大切にするもの
  • エネルギー数の計算方法
  • 星別モチベーションの上げ方の違い

以上、5点を紹介いたしました。

萬年歴で命式の十二運星を出す方法を知りたい方は、下の記事をご覧ください。

その他 十二運星についてはこちら↓
十二運星で知る| 有意識と無意識の星で変わるモチベーションの上げ方
四柱推命 | 十二運星の裏星の潜在能力を引き出す方法
【四柱推命】十二運星に絶を持っている人に知って欲しいこと
四柱推命の「十二運星の個性や感性」を詳しくご紹介

お読み頂き、ありがとうございました。
では、次回記事にてお会いしましょう。

お知らせ

*現在お知らせはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました