【四柱推命】命式から通変星の裏星を出す簡単な方法

四柱推命 命式から裏星を出す方法

通変星には裏星があるらしいけど・・・
どうやったら分かるのかしら・・・?

四柱推命に興味を持つと、多くの人はネットで色々な情報を調べると思います。

また、調べている内に、無料サイトで分かる命式には表示されない裏星(うらぼし)があることを知る人も多いと思います。

裏星があるなら知りたい!

きっと多くの人はそう思うはずです。

そんな人たちの要望に、この記事でお応えます。

この記事を読むと、
裏星を出す方法が分かりますよ♪

記事の内容

命式の裏星と言われている、隠さた通変星を出す方法を紹介しています。

四柱推命の命式にある通変星の数は、三柱で鑑定した場合は5つあります。

厳密に言うと「通変星が2つ・蔵干通変星が3つ」の合計5つです。

しかし本当は、他にも蔵干通変星があります。

その隠された蔵干通偏星を「裏星」と呼んでいます。

私が習ったところの場合です。

どうして最初から
裏星を出さないんですか?

なぜですかね~(笑)
こんなふうに説明を受けました↓

裏星を初めから出さない理由
  • 裏星よりも表の星の方が大切だから
  • 表の星を生かしてないと裏星は生かせない

↑このように教わり、私もそのように以前は考えていました。

がっ!!!

しかし!私は「裏星も初めから出した方がいいんじゃないの?」と思うようになりました。

鑑定方法は流派や個人の考え方で多様にあります。

どれが正解でどれが間違いと簡単に白黒つけられませんが・・・

でも私は思うのです。

たとえすぐに裏星を生かせようが生かせまいが、可能性を広く把握するのは良いことだと。

私がこの記事を書く理由
  • 初めから裏星を出さないことが疑問だから。
  • どうせなら裏星を知った方が良いから。
  • 自分で調べられると便利だと思うから。

ではさっそく、裏星の出し方を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

自分の命式から裏星を調べる方法

ここで紹介する裏星を出す方法は、萬年歴を使って出す方法ではありません。

無料サイトなどで出した命式をもとに、さらに隠れている裏星を出す方法です。

この隠れている裏星は、蔵干通偏星に属します。

命式を調べるには下のボタンをクリック!
*風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店Magic Wandsさんのサイトです。

説明に使う命式をサンプル
お勧めポイント

印刷した命式を手元に置いておくとやりやすいです。

では、さっそく裏星を調べていきましょう。

➀ 命式の日柱の天干(十干)を見る

下の命式の赤く囲っている場所が日柱の天干です。

ここを赤で囲っておいてください。後で、ここの日柱天干が必要になります。

② 命式の地支(十二支)を見る

下の命式の青く囲っている場所が地支(十二支)です。

日柱、月柱、年柱にそれぞれ1つあります。

そこを青で囲っておいてください。

補足

命式を出すときに、時間を入力すると時柱も出ます。その場合は地支が4つ表示されます。

ただし、正確な時間を入力しないと、正しい時柱が出ませんので注意が必要です。

なぜなら・・・

*時差やサマータイムで誤差が生じる方もいますので。

下の記事で正確な出生時間の出し方を紹介していますので、興味のある方はご覧になってみてください。↓

③ 十二支に含まれる十干を調べる

②でチェックした地支(十二支)には、十干が含まれています。

その含まれている十干は、下の表から調べられます。

子に含まれる十干は「壬と癸」、酉に含まれる十干は「庚と辛」というように見ます。

調べた十干を自分の命式の蔵干の欄に書き写します。このような感じになります↓

④ 日中の十干と③で調べた十干で裏星を調べる

下の通変星表を使い、①で調べた日柱の天干(十干)と、③で調べた十干が交差して合わさる部分が蔵干通変星と言われる星です。

この蔵干通偏星の一部が裏星と言われています。

使うのはこちらの通変星表

サンプルの命式ですと、日柱の天干が「丙」なので、ピンクの枠で囲っている欄をベースに見ます。

丙の欄で、手順③で調べた十干を探します。

サンプルの命式では、地支(十二支)である「子」に含まれている十干は「壬・癸」で、「酉」に含まれる十干は「庚・辛」でしたね。

表では青で囲っている部分になりますね。

丙の欄から「壬、癸、庚、辛」の場所を探し、その場所から表の一番左の通変星の欄を確認して、どの通変星に当たるかチェックします。

サンプルの命式では、「偏財・正財・偏官・正官」となりますね。

記入するとこんな感じになります

⑤ 表の星と裏星を把握する

ここまで作業を進めると、気付かれる方もいると思いますが・・・

④で出した蔵干通変星の内の一つは、無料サイトで初めから出ていた蔵干通変星と同じです。

この無料サイトで出ている蔵干通変星が表の星と言われ、無料サイトで出ていなかった蔵干通変星が裏星と言われています。

まとめ

今回は、無料サイトなどで出した命式から、裏星を出す方法をご紹介しました。

お読み頂き、ありがとうございました。
次回記事にてお会いしましょう。

四柱推命を学びたいと思っている人へのお勧め記事はこちらです。

四柱推命 命式の出し方
四柱推命の天中殺(空亡) | 図解で分かる天中殺期間の調べ方
四柱推命の「パラメーターの出し方」を詳しく解説
四柱推命の「十二運星の出し方」を詳しく解説
四柱推命 | 命式を出す基礎の基礎!干支の出し方を詳しく解説
お知らせ

*現在お知らせはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました