四柱推命 | 十二運星の裏星の潜在能力を引き出す方法

四柱推命 十二運星の種類と裏星

十二運星の裏星ってなんのことですか?

十二運星の裏星とは、対になる星のことですよ。

十二運星は12種類あり、それぞれ対になる星があります。

例えば、あなたの十二運星が「冠帯」だとしましょう。

冠帯と対となるのは「墓」という星です。

裏星なので命式に「墓」は表示されませんが、潜在的な能力として「墓」の性質も持っています。

この記事を読むと分かること

  1. List1
  2. List2
  3. List3
  4. List4
  1. 十二運星の裏星の種類
  2. 裏星の影響
  3. 裏星の潜在能力のひき出し方

十二運星を調べるには下のボタンをクリック!
*風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店 Magic Wandsさんのサイトです。

下の命式の 青く囲っている場所 が十二運星です。

四柱推命 十二運星の場所
Magic Wandsさん サイトの命式
補足

時柱を出すには、生まれ時間を入力しますが、注意点があります。

正確な生まれ時間の出し方は、下の記事をご覧ください。

「十二運星ってなに?」という人は、下の記事からご覧ください。

スポンサーリンク

十二運星の裏星はどの星なの?

十二運星の裏星は、6パターンの組み合わせがあります。

分かりやすく表にまとめました↓

十二運星の裏星
(対になる組み合わせ)
冠帯 (かんたい) & 墓 (ぼ)
建禄 (けんろく) & 絶 (ぜつ)
帝旺 (ていおう) & 胎 (たい)
衰 (すい) & 養 (よう)
長生 (ちょうせい) & 病 (びょう)
沐浴 (もくよく) & 死 (し)
表の見方

「冠帯」の裏星は「墓」、「建禄」の裏星は「絶」というように見ます。

また、命式に「墓」がある人の裏星は「冠帯」、「絶」の人の裏星は「建禄」となります。

この裏星の組み合わせは、相反する性質を持つ星どうしがセットになっています。

ざっくりとした十二運星の性質は、下の表から分かります。

十二運星の種類
星の種類人生の段階
胎(たい)胎児の星
養(よう)赤ちゃんの星
長生(ちょうせい)幼児期の星
沐浴(もくよく)思春期の星
冠帯(かんたい)青年期の星
– 女王様 –
建禄(けんろく)成人期の星
– 王子様 –
帝旺(ていおう)壮年期の星
– 王様 –
衰(すい)老年期の星
– 長老 –
病(びょう)病人の星
死(し)死者の星
墓(ぼ)お墓の中の星
絶(ぜつ)あの世の魂の星

 

十二運星のキーワード
キーワード
多芸多才・新規開拓・気が多い・継続が苦手
素直・甘え上手・人から好かれやすい
長生跡継ぎ・礼節の正しさ・学問
沐浴ロマンチスト・束縛を嫌う・結婚願望が薄い
冠帯華やかさ・女性性・お洒落
建禄慎重・安定性・コツコツ進む
帝旺トップ・統率力・高い視点・広い視野
相談役・博識・公平さ・経験豊富
空想的・想像力豊か・神秘的
直観力・ひらめき・霊感・スピリチュアル
マニアック・探求心・コレクター
精神的孤独・繊細さ・非日常性・天才性

十二運星の裏星の影響

十二運星の裏星の影響は、良い方向にでる場合と、悪い方向にでる場合があります。

この、星の良い性質がでることを陽転(ようてん)、悪い性質がでることを陰転(いんてん)といいます。

裏星が陽転するか陰転するかで、裏星の影響が真逆になります。

つまり、星を陽転できれば、裏星の良い潜在能力が引き出せるわけです。

裏星の潜在能力のひき出し方

裏星の潜在能力を、良い方向に引き出すには、表の十二運星を生かすことが大切です。

なぜなら、表の十二運星が陽転すると、裏星の良い面も表れてくるからです。

表の十二運星を陽転さすには、自分の星をよく知ることが第一歩です。

自分の自然な在り方を知り、自分の道を進めば、自然と潜在的な能力がサポートしてくれます。

それぞれの星の特徴は、下の記事からご覧いただけます。

胎・死・絶の潜在能力のひき出し方

「胎・死・絶」潜在能力の引き出しかたは、別の方法もあります。

それは、対となる裏星の振る舞いをする事で、裏星の良い面を出していく方法です。

ポイント

これは、表の十二運星が「胎・死・絶」の人のためのやり方です。

喜ぶ姿

胎・死・絶の裏星の振る舞い方

胎・死・絶の裏星の振る舞い方のポイントを紹介します。

胎は帝旺の振舞いを・・・

広い視野を持ち、高い視点で物事を見るように意識する。

死は沐浴の振舞いを・・・

型にはまらない発想を大事にし、センスを磨く。

絶は建禄の振舞いを・・・

すぐに諦めず、何かをコツコツと継続していく。

胎・死・絶の星の人は、上に記した方法で、裏星の良い面を引き出していきましょう。

元気な姿

ここからは余談ですが・・・

十二運星の話しをすると「病や死の星を持っていると縁起が悪いですか?」とよく聞かれます。

しかし、全く関係ありません!のでご安心を。

「病があると病気になりやすいかも?」や「死があるから早死にするかも?」なんて心配しなくても大丈夫です。

病の星がなくても人は病気になります。

また、死の星がなくても早くに亡くなる人もいます。

十二運星が表すものは「どんな運命が待っているのか?」ではありません。

十二運星の意味は「その人の感性・生き方のテーマなど」を表しています。

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました