四柱推命の「十二運星の個性や感性」を詳しくご紹介

十二運星って縁起が悪い漢字ばかりで、なんだか怖いです。

確かにそうですね・・・。

十二運星の漢字は「病・墓・死」など、縁起が悪いイメージの漢字がいくつか使われています。

そのため「怖い」と感じている人が多いかもしれません。

でも安心してください。

十二運星は、漢字から想像する悪いイメージとは関係ありません。

「病・墓」などの漢字を使っている理由

十二運星は「人が生まれてから亡くなり魂に戻る過程」を12段階で表しているから。

では、命式に「死」があっても大丈夫なんでしょうか?

大丈夫ですよ。

「死」という星が命式にあっても、悪い意味は示していません。

つまり「死があるから早死にする」ということではないです。

「病」や「墓」などにも同じことが言えます。

無駄にネガティブにならないでくださいね♪

この記事を読むと、十二運星が示す本当の意味が分かります。

記事の内容

十二運星が「象徴するもの・個性・感性など」を紹介しています。

スポンサーリンク

十二運星とは?

スピリチュアルな写真

十二運星とは、人の無意識下にある「感覚や感性」を表しています。



「どの星がどのような感覚や感性なのか?」

これについては、十二運星の持っている星のストーリーから知ることができます。

自分の十二運星を知ると、自分を深く知るきっかけになりますよ。

十二運星が表す「人生の段階」

十二運星が表す「人生の段階」は、下の表のようになります。

星の種類人生の段階
胎(たい)胎児の星
養(よう)赤ちゃんの星
長生(ちょうせい)幼児期の星
沐浴(もくよく)思春期の星
冠帯(かんたい)青年期の星
– 女王様 –
建禄(けんろく)成人期の星
– 王子様 –
帝旺(ていおう)壮年期の星
– 王様 –
衰(すい)老年期の星
– 長老 –
病(びょう)病人の星
死(し)死者の星
墓(ぼ)お墓の中の星
絶(ぜつ)あの世の魂の星

人は、母親のお腹の中ですくすくと成長し、この世に生まれ、この世界で成長し、やがて亡くなり魂となります。

この流れを十二運星は表しています。

同じ人間でも、生きて行く中で「考えること・行動・感じること」が変わりますよね?

その違いが、それぞれの星の個性となります。

例えば「沐浴」は、思春期を象徴している星です。

なので「沐浴」を持っている人は、思春期に持つような感覚のあるタイプと言えます。

このように、十二運星が表す段階から、持っている感覚が分かります。

命式を調べるには下のボタンをクリック!
*風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店 Magic Wandsさんのサイトです。

命式の見かた

下の命式の青く囲っている場所が十二運星です。

四柱推命 十二運星の場所
Magic Wandsさん サイトの命式

時柱を出すには、生まれ時間の入力が必要ですが注意点があります。

正確な生まれ時間の出し方は、下の記事をご覧ください。

では、それぞれの十二運星について詳しく見ていきましょう♪

十二運星から分かることは?

十二運星から分かることは、その星が象徴するものです。

また、その星を持った人の「悩みの傾向・個性・生かし方」なども分かります。

① 胎(たい)お腹の中の赤ちゃんの星

胎が象徴するのもは?

お腹の中ですくすくと育っている赤ちゃんは、どんなことを感じているのでしょうか?

もしかしたら・・・

「いつ生まれようか?」「生まれたら何しよう?」「あれもこれも楽しそう!」「あれをやってみたい!」・・・。

こんなふうに、希望に胸を躍らせながら、誕生する日を楽しみにしているはずです。

胎という星は、お腹の中の赤ちゃんの好奇心を象徴しています。

胎の悩みと個性の活かし方

胎を持っている人は、少しでも気になるものを見つけると、ウキウキしながら色々チャレンジしたくなります。

でも、だからこそ持つ悩みもあります。

悩みの傾向は・・・

好奇心に身を任せて行動しても、継続できなかったり、実を結ばないことに不甲斐なさを抱えるパターン。

でも、好奇心を満たしに来ている星なので、結果にこだわり過ぎないことが大切です。

いろいろ挑戦したその先にこそ、見えてくるものがある星です。

② 養(よう)赤ちゃんの星

養が象徴するのもは?

産まれたての赤ちゃんは、ただそこにいるだけで、人の心を愛で満たしてくれます。

無防備な赤ちゃんの「つぶらな瞳」でじっと見られたら、母性本能を感じたり、少しくすぐったくい気持ちになったりしませんか?

養という星は、産まれたての赤ちゃんの純粋無垢さを象徴しています。

養の悩みと個性の活かし方

養を持っている人は、素直な人柄から、人に可愛がられることが多いです。

でも、まやかしの愛を与えられ、見返りを求められる経験もします。

それ故、人を信じられず素直に愛を受け取れなくなることも。

しかし、本来は愛に条件はありません。

見返りを求める人とは、距離を置いても良いのです。

また、必要なのは「受け取るものを自由意志で選ぶ勇気」と「それを素直に受け取る勇気」です。

そして、「その愛を自分を通して他の誰かへ循環すること」です。

悩みの傾向は・・・

人からの提案や要望が、たとえ嫌でもNoとなかなか言えないこと

養の人は、押しに弱い面があります。

しかし内面では「Yes・No」「好き・嫌い」がはっきりとあるはずです。

自分の意志を、はっきり伝えるように練習しましょう。

③ 長生(ちょうせい)幼児期の星

長生が象徴するものは?

成長するにつれ、親の希望である「こうあって欲しい」などの期待をかけられる年ごろです。

でも、まだまだ無邪気な年ごろですね。

期待はされるけど、まだちゃんとは出来ません。

失敗という経験を積みながら、成長していく時期です。

長生という星は、親・親族・目上の人からの「期待」を象徴しています。

長生の悩みと個性の活かし方

長生を持っている人は、長男長女でなくても家を継ぐ方が多いです。

また「伝統的なものを受け継ぐ立場」になることもあり、跡継ぎの星とも言われています。

悩みの傾向は・・・

親以外の職場などでも「期待に応えて信頼を裏切ってはいけない」と、プレッシャーを感じやすい

しかし、長生を持っていても、なんでも人の期待通りにできる訳ではありません。

家も必ず継がなければならない訳でもありません。

また、自分のキャパを超えることは、誰かに助けを頼んでもOKです。

大切なのは「自分が何を受け継ぎ、何を後世に繋げて行くのか?」ということです。

そして、それは自分の意思で選んで良いのです。

④ 沐浴(もくよく)思春期の星

沐浴が象徴するのもは?

多感な思春期に入り、親や自分を取り巻く「社会に対しての反抗心」も強くなる頃です。

また、現実的な考えを優先するより、自分の理想の世界へ憧れを募らせます。

将来への夢が広がっていくのもこの時期です。

沐浴という星は、自分を縛る世界からの開放と、自由や夢を求めることを象徴しています。

沐浴の悩みと個性の活かし方

沐浴を持っている人は、型にハマることを嫌がります。

また、夢見ることが「行動の源」となります。

悩みの傾向は・・・

自由を愛する気質なため「不自由さ」を感じやすい。また、素直にルールを受け入れられない苦しみが生まれる。

しかし、誰もが型にハマってしまうと、この世界は退屈で窮屈になります。

沐浴の人の自由さは、多くの人が抱えている「抑圧の突破口」となります。

ぜひ、自分らしさを抑圧せず、素直に表現して欲しいと思います。

⑤ 冠帯(かんたい)女王様の星(青年期)

冠帯が象徴するのもは?

多感な思春期を経験し、大人への階段を一歩一歩進んでいる時期です。

持ち物なども、子供っぽいものから卒業し、少し背伸びした「ワンランク上のもの」を求めるようになります。

その背景には「自分とは?」を模索して「より良い自分になりたい」という望みがあります。

冠帯という星は、価値のあるものへの賞賛と憧れを象徴しています。

冠帯の悩みと個性の活かし方

冠帯の星の人は「大衆に埋没しない華やかさ」「優雅さ」「気高さ」などの雰囲気をまとっています。

悩みの傾向は・・・

人より目立つことに抵抗を持つ。
また逆に、憧れの的になることに価値があると思い、それを求めすぎるパターンも。

華やかさ優雅さを好み、気高さも持っている冠帯。

女王のような気質の冠帯の人に必要なのは「本物の女王とは?」を自分に問うことです。

あなたは自分の国の女王が、どんな女王だと嬉しいですか?

⑥ 建禄(けんろく)王子様の星(成人期)

建禄が象徴するのもは?

誰かの許可がなくとも、自らの判断のみで動くことが可能になる時期です。

ですがまだ、この時期は「自分より経験豊富なサポートする人」も側にいます。

例えば「両親や会社の上司など」、いざという時に守ってくれる人たちです。

この時期だからこそ「結果を恐れずに突き進むこと」が可能です。

建禄という星は、純粋な信念を貫くことを象徴しています。

建禄の悩みと個性の活かし方

建禄の星の人は、自分が信じることに対して、純粋に進んでいく力があります。

悩みの傾向は・・・

前に進む意欲と力はあるが、周囲への影響を心配し過ぎ、前へ進めないということも。

しっかりした目的を持った行動なら、周囲を信頼し、前へ突き進む勇気を持ってみましょう。

⑦ 帝旺(ていおう)王様の星(壮年期)

帝旺が象徴するのもは?

数々の経験をつみ、自信が生まれます。

思慮深さや実行力も伴い、十分な実力のある時期です。

この時期は、自分の責任は自分で取ることができ、また周囲へのサポート力も備わっています。

帝旺という星は、洞察力と統率力を象徴しています。

帝旺の悩みと個性の活かし方

帝旺の星の人は、多くの人をまとめて、一つの方向へ導く力があります。

悩みの傾向は・・・

力を持て余したり使いこなせず、不完全燃焼でストレスを溜めてしまうパターン。

上手く自分のパワーを生かせず「自分なんてダメだ」と卑下していては、誰もついて来てくれません。

かといって、力ずくで人を動かそうとすると「暴君」となります。

この力加減は、様々な経験の中から身につけていくものです。

経験を糧とする意識を持ちましょう。

⑧ 衰(すい)長老の星(老年期)

衰が象徴するのもは?

全盛期と比べ、体力的な衰えを感じ、第一線を退き若い世代に託していく頃です。

体を酷使しての勝負より「智恵をどう活かしていくのか?」が重要になってくる時期です。

衰という星は、経験と知恵を象徴しています。

衰の悩みと個性の活かし方

衰の星の人は、経験と知恵を生かすことが得意です

悩みの傾向は・・・

若くから人よりも多くの経験をするので「どうして自分ばかりこんな経験をするのだろう?」と思い悩むパターン

数々の経験は、その経験から知恵を授かるためのものです。

経験を肥やしとする「貪欲さ」を大切にしましょう。

また、生き字引のようなあなたの知恵を、自分だけでなく人のために使うことが役割でもあります。

⑨ 病(びょう)肉体が弱った状態の星

病が象徴するのもは?

加齢と共に、身体の不調がでてくる頃です。

しかし、思うように身体が動かなくなる半面、これまで意識すら向けなかったことを感じるようになります。

想像力が増し、感受性豊かになる時期です。

病という星は、感受性、芸術、表現を象徴しています。

病の悩みと個性の活かし方

この星をお持ちの方は、自分の感性を表現していくことを求めます。

悩みの傾向は・・・

その感受性を外へ向かって表現できず、モヤモヤするパターン

一長一短に表現できないかも知れませんが、その感覚を自分の中に閉じないでください。

自分なりの、外に向かって表現する方法を探し、表現していくことで精神的充足感が得られます。

⑩ 死(し)死を迎えた状態の星

死が象徴するのもは?

魂の器である肉体の機能が停止し、魂と肉体が分離された状態です。

肉体はこの世にあり、魂は目に見えない世界へ移行している段階です。

この世とあの世、両方の世界に存在している状態です。

死という星は、第六感、直観力、ひらめきを象徴しています。

死の悩みと個性の活かし方

死の星を持っている人は、直観力を生かすことが得意です。

悩みの傾向は・・・

感覚が鋭いことで、感じたくないことまで感じてしまうパターン

それ故か、その感覚を閉じ、直観力を使わない人もいます。

死は「表と裏」両方の世界から、物事を射抜く鋭い星です。

千里眼とも言える「第六感的感覚」を大切にして欲しいです。

⑪ 墓(ぼ)供養されあの世へ旅立つ前の星

墓が象徴するのもは?

肉体が埋葬され、供養された魂は、この世とあの世の中間の世界から、あの世へと旅立とうとしています。

あの世に着くまでは、たった一人で自分を見つめながらの旅路です。

墓という星は、探求心、マニアックを象徴しています。

墓の悩みと個性の活かし方

この星をお持ちの方は、コツコツ探求することを得意としています。

悩みの傾向は・・・

マニアック過ぎることで孤立してしまう。
また、探求心が執着にすり替わり、自分を幸せにしない方向に埋もれるパターン

純粋な「好き」のエネルギーを大切に、マニアックな自分のまま堂々とオープンでいてください。

マニアックな人の活躍で、発展していることが数多くあるのですから。

⑫ 絶(ぜつ)あの世の魂の星

絶が象徴するのもは?

亡くなってからの旅路を終え、無事あの世へ着いた魂の状態です。

もう今は、人間としての活動である「食事や睡眠など」をする必要はありません。

その活動のかけがえのなさに気づき、人として生きていた日々を懐かしんでいることでしょう。

絶という星は、生きる尊さを象徴しています。

絶の悩みと個性の活かし方

絶の星の人は、小さな変化や雰囲気を、大切に拾い上げる感覚を持っています。

悩みの傾向は・・・

多感過ぎることで、肉体的にも精神的にも疲れてしまうパターン

自分が人よりも繊細で多感であることを知りましょう。

その繊細さを「どの方向に向けると満たされるのか?」ということを意識してみましょう。

また「絶の感覚」で見た世界を周囲に伝えてみましょう。

その感覚に触れた人たちは、見過ごしている「大切なもの」を思い出すきっかけとなるでしょう。

以上、12種類ある「十二運星の星の特徴」をお伝えしました。

十二運星から、あなたの持っている「個性や感性の一面」を発見できたでしょうか?

十二運星について、もっと詳しく知りたい方は、下の記事をご覧ください。

萬年歴で命式の十二運星を出す方法を知りたい方は、下の記事をご覧ください。

その他 十二運星についてはこちら↓
十二運星で知る| 有意識と無意識の星で変わるモチベーションの上げ方
四柱推命 | 十二運星の裏星の潜在能力を引き出す方法
【四柱推命】十二運星に絶を持っている人に知って欲しいこと
四柱推命の「十二運星の個性や感性」を詳しくご紹介

お読み頂き、ありがとうございました。
では、次回記事にてお会いしましょう。

お知らせ

*現在お知らせはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました