四柱推命 | 天中殺って何?「起こる出来事と過ごし方」を詳しく知る

四柱推命の運氣の忍耐・陰徳・修行の時期を知る

★サイトメンテナンス中につき表示が乱れております。★

質問者A

天中殺について教えてください。この期間は、嫌なことが起こるんですか?

天中殺は、やみくもに嫌なことが起こるわけじゃないですよ。

天中殺とは、12種類ある運氣の流れの1つです。運氣には一連の流れがあるもので、天中殺だけに注目するのはどうかと思います。

天中殺の本当の意味を理解するには、他の運氣の意味も知っておく必要があります。

この記事では、そのほかの運氣についても知っている前提で、天中殺について紹介していきます。

天中殺以外の運氣については、下のリンク先からご覧いただけます。

また、運氣の基本情報は下の記事からご覧いただけます。

あわせて読みたい
四柱推命の運氣 | 人生プランに活用できる12種類の運氣を知る 四柱推命の運氣とは、目に見えない気流のような流れです。上昇気流、海流、大河の流れのようなイメージを持つと分かりやすいかも知れません。私たちは、この流れに運ば...
この記事を読むと分かること
  • 天中殺期間のイメージ
  • 天中殺期間に起こる出来事
目次

天中殺とは?

天中殺

天中殺とは、簡単に表現するとデトックス期間と言えます。怖いイメージを持っている人も多いですが、実はそうではありません。

たとえ表面的にそう見えたとしても、嫌なことや悪いことが起こると決まった期間ではなく、運氣が低迷する期間でもありません。

運氣の流れは、上昇気流のように上へ上へと運ばれていています。

上昇気流

今年より来年、来年より再来年と登り続けるので、天中殺だからといって、運氣がドンと底辺に落ちる訳ではありません。

上昇し続けている中での浮き沈みがあるだけです。

天中殺の本来の意味

12年間の総決算となるデトックス

忍耐・陰徳・修行の時期とは

天中殺期間は「忍耐・陰徳・修行の時期」と3年ありますが、それぞれの細かい特徴は特にありません。

どの時期も、出て行くものと入って来るものが多くあり、総入替えの時期なので、色々なことが起こる忙しい時期です。

天中殺に起こること

質問の写真

天中殺に起こることは、「今持っていているものを手放すきっかけになる出来事」です。

この出来事だけを見て、天中殺は怖いと勘違いされていると思います。

しかし、天中殺の出来事は、神様の意地悪ではありません。必要だから手放すきっかけが起きているのです。

手放しが必要な理由

手放しが必要な理由は、天中殺期間が終わると、次の新しい12年がスタートするからです。

新しい始まり

新しい12年に入るということは、今とは全く違うステージになります。

新しいステージでは、今持っているモノの中で、必要ないものが出てきます。それを整理する意味で、手放しが起こるわけです。

また、事前に手放せていると、次のステージにスムーズに移行できます。

この手放しが、デトックスに似ているので、デトックス期間と言われています。

質問者A

なるほど。スムーズな移行のためのデトックスということか。
でも、もし手放さなかったらどうなりますか?

ちょっとやっかいなことになるかも知れません。

もし、執着して手放さないでいると、「こでれもか!!!」と言うような出来事が起こるかも知れません。

そして、ますます手放さざるを得ない流れがやってくるわけです。

天中殺のイメージが悪いのは、これが理由の1つです。

質問者A

私は「これでもか!!!」と言う出来事は嫌です・・・。
なにか良い解決策はありますか?

はい。ありますよ♪

次のステージへスムーズに進むコツ 

次のステージにスムーズに進むコツは、下の2つがあります。

次のステージへ進むコツ
  • 自分から先に手放しておく
  • 新しい可能性にオープンでいる

1. 自分から先に手放しておく

手放す様子

先に手放しておくと良い時期は、頂点の時期が終わるまでです。

手放すものとは、飛躍・絶好調・頂点の時期で出した成果や結果、もしくは花咲かなかったことなどです。

これらに執着しないで、手放して身軽になっておきましょう。

人は執着する生き物です。

ほとんどの人は手放すのが嫌で、そのまま天中殺期間に入るから、手放す出来事がやってきます。

でもどうせ手放さないとダメなので、それなら先に自ら手放すほうが、最終的には楽な訳です。

また仮に、手放さないまま天中殺に入っても、手放す流れのサインがあったとき、早めに対処すれば傷は浅いです。

逆にサインがあっても抵抗すると、さらに強力な出来事で余計に痛い思いをします。

2. 新しい可能性にオープンでいる

オープンマインドな様子

新しい可能性にオープンでいると、思いもよらないところから新しい道が開けることもあります。

天中殺期間は、新しい12年への準備期間なので、次の12年で必要なものが出てきます。

また、自分の内側から新しいアイディアや興味なども出やすいので、それらをキャッチしておくことも大切です。

質問者A

なるほど。
天中殺期間の本当の意味がだんだん分かってきました。

それは良かったです。
実は天中殺は、生かし方によったら良い面もあるんですよ!

天中殺期間の生かし方

天中殺期間の生かし方は、やってみたいことがある場合、実験期間として使うことです。

天中殺は、手放すだけの期間ではありません。

天中殺期間を実験期間として利用するには

実験の様子

天中殺期間を実験期間として利用するには、興味のあることを見つけることから始めます。

そして、やりたいことを見つけたら、試しにやってみます。

なぜ天中殺期間が実験期間なのかというと、この期間は結果の白黒がはっきりしやすいからです。

例えば、天中殺期間に自分の内側から「コレやりたい!」と言う気持ちが湧いてきたとします。

その場合、結果の白黒を見るために、実際にやってみて結果を見ます。

この場合、大切なのは結果を冷静に見る事です。なぜなら、やったこと全てが上手く行く訳ではないからです。

次の新しい12年で必要なことは上手くいきますが、必要ないものは上手く行きません。

天中殺期間は、その白黒がはっきりと出やすいです。

この方法は白黒がはっきりする分、多少なりのリスク伴います。自己責任でお試しくださいね。

天中殺期間で優先すること

上で、天中殺期間が実験期間と紹介しましたが、この期間に一番大切なのは手放しです。

手放してスペースが空くことで、挑戦をする余裕も生まれます。あまり先走らず、この期間は特に目の前のことに集中しましょう。

天中殺期間にするとダメなことはある?

ダメだと言っている様子

天中殺期間にするとダメだと言われている、代表的なものは下のとおりです。

天中殺期間にするとダメだと言われていること
  • 結婚
  • 引越し
  • 転職
  • 起業
  • 海外旅行

しかし、本当にそうなのでしょうか?

天中殺期間の新しいチャレンジはダメという意見が定着していますが、実は大丈夫な場合もあります。

実際、私が鑑定した人で天中殺期間に引越しをした人がいました。

引っ越している様子

当時その人は、天中殺だったのでしぶしぶだったそうですが、「今思うと、逆に引っ越して良かったと」言っていました。

きっとその人は、引っ越すことで何かを手放したのでしょう。

人生で起こる物事は、タイミングです。

結婚・引越し・転職など、今まさにタイミングが来ているのに、天中殺だから3年待ってからにしようと思えますか?それってなんだか不自然ですよね。

上で紹介した人の経験から分かるように、天中殺だからやっちゃダメという単純なことではありません。

私は、その流れがやってきてるなら、それが運氣の流れであると思います。

もちろん、なりより慎重が一番!という人は、3年待ってもいいと思います。人生の決断は人それぞれです。最終的には、自分の判断で決めるしかありません。

占いはあくまでサポート的な役割です。占いに人生を左右されないで、こういった情報を上手く利用して欲しいと思います。

以上、天中殺期間に起こる事と天中殺期間の過ごし方についてご紹介しました。

この記事でお伝えしたこと
  • 天中殺期間はどんな期間なのか
  • 天中殺期間に起こる事
  • 天中殺期間の利用の仕方
  • 天中殺期間にするとダメなことがあるのか

お読みい頂き、ありがとうございました。次回記事にてお会いしましょう♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次